レガシィ ドライブ・ツーリング

レガシィで行く週末家出の写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

御在所岳トレッキング

今回は、私のお気に入りのトレッキングコースを紹介します。
まずは下の写真を見てください。
PICT2316_1.jpg
 こちらは鈴鹿の上高地ともよばれる場所の近辺で、琵琶湖に注ぎ込む愛知川上流、支流の神埼川の渓谷になります。関西からアクセスしやすい渓谷のなかでは、水が澄んでいて、川原も清く、明るい感じの場所がたくさんあります。

以下の写真は、5月に三重、滋賀県境の武平峠より雨乞岳と御在所岳の間の峰を超え、神崎川ほとりでキャンプしたときの様子です。
IMG_0172_1.jpg
武平峠から1時間半ほど歩くと、コクイという名の谷に出ます。ここには大きな石垣や、陶器のかけらなどがみれらる場所があります。最初は、「こんなとこに人が住めるんかいな?」と思っていましたが、調べてみるとコクイも含め、このあたり一体にいくつかの鉱山跡があり、明治、大正期には深い山中に数百人もの人が暮らしていたそうです。(今でも1時間半以上歩かないと道路やロープウェイ駅に出れないし当時は両方が無い。)
PICT2308_1.jpg

PICT2322_1.jpg
この後、思いっきりはまりました・・・・。
PICT2323_1.jpg
テント
IMG_0139_1.jpg

IMG_0171_1.jpg
御在所岳付近から伊勢湾方面をのぞむ

神崎川からは下水晶谷の脇の道を登り、中峠から水晶岳、国見岳、御在所岳を通って、武平峠に帰りました。
御在所岳は一見、ロープウェイ駅付近が山頂のような感じですが、一等三角点はリフトに乗るか、軽いハイキングが必要になります。
PICT2369_1.jpg
向こうがロープウェイ駅のピーク、こちらが山頂
PICT2370_1.jpg
ただこちらのコースは(前半特に)中級者向けです。沢ではルートがわかりにくく、(道か川かわからない箇所多々あり)初心者、単独でのトレッキングはお勧めできません。

大きな地図で見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。