レガシィ ドライブ・ツーリング

レガシィで行く週末家出の写真日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カローラワゴンとレガシィワゴン 1

 2年前にカローラワゴンからレガシィワゴンに乗り換えました。

カローラワゴンGツーリング
 カローラには12年近く乗り、とても愛着がありました。スキー、スノボや釣り、自転車をつんでのツーリング、一人暮らしの引越し、また2年間ほどは仕事にも使用し、まさにフル稼働状態でした。
 長い間故障も無く、トラブルといえばパンクが一度あったくらいでした。最後の1年は風が強く、直射日光もあたるところに止めていたせいか左の窓が動かなくなりました。機能的には買い換える必要性も感じませんでしたが、さすがに長距離ドライブでトラブルが起こる不安が大きくなり、乗り換えの検討を始めたのでした。

 ・特に気に入っていたところ
 リヤのウィンドウデザイン:なんか微妙な曲面が好きでした。
 カラー:夜はブルー、昼はグリーンぽく見える。
 取回し:ドライブが好きで知らない町の狭い路地に入ってしまうことがありましたが、らくちんでした。
 などなど
DSC01576.jpg
カロゴン1
DSC01578_1.jpg
カロゴン2

 まずは次の車の車種をどうするか考えました。趣味の一つに自転車ツーリングがあるので、自然とカーゴスペースの大きい車を検討し始めたものの、1ボックスは会社や友人の車を運転した経験から運転フィーリングに不満があり、除外しました。で、考えたのが、

 HONDA:ストリーム、オデッセイ →かっこいい
 SUBARU:レガシィワゴン    →昔からいいなあと
 TOYOTA:カロゴン       →愛着あるカロゴンの弟
 MAZDA:アテンザワゴン  →デザインが超好き(当時現行一つ前)
 外車:アウディA3、ボルボのワゴンでちっちゃいやつ →かっこいい

 外車の価格を調べてみると、基本の車両価格が、同じクラスの日本車でオプションフル装備と同じくらいになるのがわかりました。アウディやボルボのデザインは好きだったのですがここでボツ。

 でHONDA以外のカタログをもらってみて、SUBARUのレガシィへのヤル気を感じました。TOYOTAは自分のカロゴンや家族の車も含め、内装も好きだし、性能も不満がなく印象が良かったのですが、ここで除外。アテンザはデザインがとても好きだったのでまだ残留。

 それから、MAZDA、SUBARU、の順に販売店に行きました。MAZDAの店では貧乏くさい私にも親身に接してくれました。実車もイメージどおり格好よく、とくに選択肢に入れてなかったハッチバックの荷室の広さに驚きかなり心が動きました。
 一方、SUBARUではたまたまだと思いますが、販売員の対応に少し気にかかるところがありました。んが、置かれていたレガシィBP2000GTは標準のエクステリアとは思えないほど格好よかったし、運転席はコックピットという感じがして、なにかウキウキさせられました。この時点でどちらかを買うことに決めました。
 (最初はHONDAも行くつもりで、もし実車を見ていれば3つ巴、4つ巴になったかもしれません。)

 結局、決め手はスバルのレガシィへの入れ込み具合と、最初にショールームで運転席に座った時の印象でした。予算は少々オーバーしましたが・・・・。
legacy_syuzan.jpg
小浜→京都間 周山街道にて

 思い出がつまったカロゴンとのお別れはとてもつらいものでした、今でもありがとうの気持ちでいっぱいです。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。